FC2ブログ

記事一覧

真竹と大名竹の ZaccoRod 7ft 6pcs が完成しました


<作業部屋通信 10/8 >

 新しいロッドを作るために竹を割りました。黄色っぽく写っている方が真竹です。大名竹に比べるとずいぶん厚みがあるので,肉落としがたいへんでした。明日からナイフによる粗削りを始めます。
 Newロッドは,大名竹と真竹の「Zacco Rod 7ft #2 6pcs」という仕舞寸法37.5cmのパックロッドです。この2本が完成したら,大名竹と真竹の「Zacco Fun Rod 7ft #1 6pcs」も作る予定です。

3_201811071626040c8.jpg


<作業部屋通信 10/9 >

 ナイフによる粗削りが終わりました。真竹を削るのは久しぶり,大名竹より粘りが強いように感じます。72本削るのに4時間もかかってしまいました。

1_20181107162705889.jpg


<作業部屋通信 10/13 >

 真竹と大名竹のNewロッドはやっとこさ荒削りが終わりました。削り終わったらテープでまとめて,隣同士の番号をつけます。その最中,久しぶりに竹で指を切ってしまいました。
 バインディングは調子よく終わりました。さあ,明日は火入れです。

2_20181107162757ce5.jpg    1_20181107162755174.jpg



<作業部屋通信 10/14 >

 Newロッドは焼き入れを済ませ,強制的矯正をしています。

2_2018110716301555b.jpg


<作業部屋通信 10/18 >

 10/9 から削り始めたNew真竹ロッドとNew大名竹ロッドの削りはやっとここまできました。
 Tip部~3rd部までは両方とも仕上げ削りを終わらせました。ただ,4th部~Butt部は表皮削りを終えたところです。

1_20181107163118b3f.jpg


<作業部屋通信 10/19 >

 Butt部の仕上げ削りが終わりました。フェルール凸部にカーボンソリッドを仕込むための細工をしました。どれぐらい削るかは勘しかありません。
 仮組みしてテープで安定させて,ソリッドを差し込んでみました。手前の真竹ブランクに隙間が見えます。接着するときに一削りしたいと思っています。

1_2018110716320807b.jpg    2_2018110716321113a.jpg    


<作業部屋通信 10/21 >

 やっと仕上げ削りが終わりました。昼からは自宅倉庫に入っている物を断捨離しなくてはなりませんから,接着&バインディングは明日にまわします。

1_20181107163355d33.jpg


<作業部屋通信 10/22 >

 昼からは接着&バインディングを施しました。なんと2時間かかりました。

2_2018110716351432f.jpg


<作業部屋通信 10/23 >

 Newロッドは接着剤落としに入りました。できるだけ竹を削らないようしなければならないとても気を遣う作業です。

3_201811071636128b0.jpg    4_20181107163615c8e.jpg


<作業部屋通信 10/25 >

 今日は接着剤落としをしました。ある程度やすりで落としてから,スチールウールで仕上げます。指でこすると角が落ち過ぎてしまいますから,このように木片を使います。12本こすり続けると,右手の薬指が痙ってしまいました。その後,ウレタン塗料をストッキングの切れ端を使って拭き塗り,乾燥を待ちます。

1_20181107163735375.jpg


<作業部屋通信 10/26 >

 今日も用事があったので,実質は半日しか作業できませんでした。
 こつこつとフェルール合わせをして,やっと1本分が選べました。まだ仮組の状態ですから,ブランクとフェルールのつなぎ目をよく見るとどれぐらい削る予定なのかが分かると思います。

1_20181107163824c44.jpg


<作業部屋通信 10/27 >

 今日もフェルール作業ですが,今日は土曜日ですから半ドンにします。
 まず2本目のフェルール選びをしたのですが,1本目のフェルールを切り取った上か下かを選んだので短時間でできました。テープの上から糸を巻いているのはひび割れ防止のためです。
 一気にフェルール合わせもやり終えました。今回もフェルールの色が違います。下地が透けない例の薬を使うか,フェルールを竹色に着色して透ける糸を使うか悩んでいます。

1_20181107163908dc5.jpg    2_2018110716391141e.jpg


<作業部屋通信 10/28 >

 やっとフェルール合わせが終わりました。そして,悩みに悩んでフェルールを着色することにしました。取り付けた後なので,スプレーするには手間がかかりますから,手塗りすることにしました。色はタンです。
 左側のテープの貼ってある方はスパイン出しも終わっています。

1_201811071640135b4.jpg


<作業部屋通信 10/29 >

 ガイドラッピングとフェルール飾り&強化巻きに入ります。
 購入したガイドは取り付け部がいろんな形になっています。これをやすりで削らなくてはならないのですが,なかなか思うような形になりません。修行が足りないのだと思います。
 フェルールの下部に金糸で飾り&強化巻きを被せました。チャラチャラしてしまうかなあ?

1_20181107164135e14.jpg    2_20181107164137e04.jpg


<作業部屋通信 10/30 >

 大名竹ロッドのラッピングが終わりました。エポキシをいつもより薄めに調合してコーティングをしました。今は静かに回転しています。
 真竹ロッドもラッピングも順調です。が,コーティングに時間差を付けなければなりません。そのため,明日はグリップの準備をします。

1_20181107164249a33.jpg    2_201811071642515b7.jpg


<作業部屋通信 10/31 >

 まず,大名竹ロッドの2度目のコーティングをしました。フェルールの飾り巻きに少し凸凹があったので#800の紙やすりで空研ぎをしたのですが,水研ぎの方がよかったかなあ?
 次に予定通り,グリップを削りました。「これだけ削るのなら,ワンサイス小さなコルクリングを注文してもええなあ。ちょっと安いし・・」と思います。
 真竹ロッドのラッピングも終わったので,ロッド名を貼り付けました。明日,コーティングです。フェルールの飾り巻きもきれいなのですが,コーティングすると凸凹になってしまうのです。

1_20181107164416dba.jpg    2_201811071644191d8.jpg


<作業部屋通信 11/1 >

 今日は真竹ロッドのコーティングと大名竹ロッドの拭き塗りをしました。
 真竹ロッドのフェルール飾り&強化巻きの美しさを活かしたくて,今回は薄め塗料を一刷毛塗りを試しました。くるくる回っています。
 大名竹ロッドのフェルールコーティングはなぜかけばけばになってしまいました。水研ぎを施す前に,ブランクに水が染みこまないようにウレタン塗料を拭き塗りしています。
 もし,水研ぎをしてもダメな場合はフェルール部のラッピングをやり直す覚悟です。
 明日の朝,真竹ロッドのフェルール部を見るのが怖いです。

1_201811071647465be.jpg    2_20181107164748de6.jpg


<作業部屋通信 11/2 >

 フェルールはこんな具合になってしまっていました。一番ましだったTip部のフェルールは水研ぎしますが,他は全部はがして巻き直しました。
 この雰囲気を活かした塗装ができればいいのですが,その配合具合がわからないのです。今回は,主剤:硬化材:薄め液を3:3:4の割合で調合してみました。塗ってみて,「少し濃いかなあ」と感じました。クルリクルクルさせておきます。
 これは決して雑巾ではありません。竿袋です。Tip部からBat部までの幅を,3:3:3:3:4:5で縫い上げています。

1_20181107165231c4e.jpg    2_201811071652341bd.jpg    

3_20181107165234c2b.jpg


<作業部屋通信 11/3 >

 えらいこっちゃ!! 
 作製中の2本のロッドには銘木リールシートを使う予定でしたが,サイズが合わないことが今日になって判明しました。
 そこで,急遽コルクを接着しています。ついでに次に作ろうと思うFunRod用のグリップ用のコルクも接着しました。
 40cmのロッドケースも作りました。この長さなら手軽に持ち運べるでしょう。

1_20181107165811a5d.jpg    2_20181107165813808.jpg


<作業部屋通信 11/ 5 >

 朝一番にエポキシ塗装して乾燥させていたグラスフェルールを触ると,やはり滑らかではありません。そこで,違うコーティングを試してみることにしました。
 まず,フェルール部を #1000 の紙やすりで指で触って違和感がなくなる程度に水研ぎをしました。滑らかになりましたが,白濁している部分があります。しかし,これは想定内です。
 今まではフェルール部はエポキシ塗装,竹部は一液性のウレタン塗料をしていました。しかし,フェルール部から竹部への一体感がなかったのです。そこで,今回はフェルール部が滑らかになった状態で,ブランク全体に二液性のウレタン塗料の拭き塗りをしてみたのです。
 半日で乾燥しました。二液性のウレタン塗料の拭き塗りはまだまだ修行しなくてはいけませんが,フェルールはすべすべで竹との一体感が出たように思います。
  AMIYA Zacco Rod 真竹 #2 7ft 6pcs と AMIYA Zacco Rod 大名竹 #2 7ft 6pcs がなんとか完成しました。真竹Rodは購入していた木製リールシートの色が合っていたので使ってみました。

1_20181107170006394.jpg    2_20181107170009ca9.jpg



よかったらポチッとしてください。
励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント